サプリで改善する糖尿病~ラクラク自己ケアガイド~

夫婦

穏やかに過ごすために

シニア

どうして苛立つのか

更年期になると怒りやすくなったりイライラしたり、相手に感情的になりぶつかったりする事が多くあります。それは、女性ホルモンの影響がとても大きくあります。更年期になると卵巣の機能は低下していきます。それと同時に女性ホルモンの分泌も少なくなります。しかし、脳は女性ホルモンの分泌を促すようにと性腺刺激ホルモンを分泌させるのですが、卵巣の機能が低下し女性ホルモンが出ないため、ここでバランスをくずしてしまいます。ホルモンとバランスだけでなく、自律神経のバランスもくずれやすくなります。また女性ホルモンには心を穏やかにする働きもあります。ほてりや発汗のほかにイライラや不安感というのが出るのはこのためです。このような事が起こるのは女性ホルモンが急激に低下するから起こるので、次第に緩和されますが、家や職場にストレスが多くある方ほどイライラしたりしやすいものです。

どのように改善するか

更年期のイライラは次第によくなりますが、できるだけ緩和していきたいものです。どのように緩和するのかというといろいろと方法はあります。自分で出来るものとしては、まず朝日を浴びる事です。朝日を浴びる事で幸福ホルモンと言われるセロトニンが分泌され、イライラを穏やかにしてくれます。おすすめは朝日を浴びながら外の散歩をすることです。また、食事でマグネシウムとイソフラボンを多くとるようにすることです。マグネシウムは心を穏やかにし、イソフラボンほ女性ホルモンと似たような成分です。マグネシウムはアーモンドなどのナッツ類やチョコレートに多く、イソフラボンは大豆食品に多く含まれています。そしてより良い香りでリラックスする事もおすすめです。香りは直接脳にリラックスを働きかけるので自分の落ち着く香りでリラックスをするといいです。このように更年期のイライラを緩和する方法はあるので試してみる価値はあります。